So-net無料ブログ作成

資格試験の効率的な勉強方法とは?私の実体験! [合格する技術]

資格試験に合格するために効率的な勉強法を解説します。
私は効率的に勉強することを意識してから不動産鑑定士試験に合格できたため、いかに効率的に勉強することが大切か身を持って知っている。

よって、これから難関資格にチャレンジする人に知っておいてほしいことを以下にまとめた。

スポンサードリンク



試験範囲をまずはまんべんなく勉強する


試験に合格するためにはまずは試験に出るといわれる部分をまんべんなく頭に入れることが大事です。

勉強の初期の段階で「山を張る」というのはダメです。それ以外勉強しないということですからね。

山を張るというのは一か八かにかけてみるということですが、真剣に人生をかけて難関資格に挑んでいる人は山を張るということはしません。本気ではない人ならやりますが。

またまんべんなく勉強しないと、自分の弱点が把握できないために効率的な勉強ができなくなります。

普通は勉強が進むにつれて、自分にとって効率的なやり方がわかってきてメリハリがついてくるのですが、これは初期のうちに試験範囲をまんべんなくやったからできることなのです。

山を張るとそもそも効率的な勉強とは程遠いものとなってしまうのです。

スポンサードリンク



わからないことだけに絞って勉強する!


勉強というのは「自分のわからない部分をわかることに変化させること」です。当然ですが。

もう自分がわかっている問題を何回繰り返し勉強しても点数は上がらないし、合格に近づくことはありません。

資格試験で短期合格する人はみんなそうしています。社会人で難関試験に働きながら勉強して合格する人もそうしています。

分からないところだけ勉強する。わかっている論点などはおそらく勉強しなくなっても本番直前に見直せば解けるはずです。

一冊の問題集を繰り返し、まずはまんべんなく勉強する。そのうち、自分が繰り返し間違う問題がわかってくる。

あとはその問題に絞って勉強する。そしてその問題が解けるようになって初めて自分の目指している資格試験の合格に近づくのです。

スポンサードリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。